雪が落ちない屋根

雪が全く落ちない屋根材コロナ。道路に面しているお宅など、雪を落としたくない立地に適しています。
コロナ
屋根にたいしてほぼ垂直に雪がつもっていきます。約50センチの積雪ですが雪がずらないので雨樋を巻き込むことがありません。つららもごくわずかに。
雪がおちない屋根材
断面をわかりやすくするため、雪を取ってあります。この屋根は雪対策ばかりではなく、軽量なため地震対策にも有効です。瓦屋根のおよそ6分の一の重量です。本来金属屋根は塗替えというメンテナンスがつきものですが、コロナは表面が天然石で覆われていていますので塗り替えいらずです。しかも雨音もこの石が吸収していきますので金属屋根より断然静かです。30年の保証がついています。ほぼノーメンテナンスですが経年変化で水垢、コケ等がつきますので、高圧洗浄すれば元の色合いが戻りますので、大変きれいにもなります。

そして太陽光パネル。
雪の中の太陽光電池
雪が段差になっているのは一度雪が落ちた証拠です。写真の左上は棟付近です。よく見るとパネルの表面は凍ってる所もあります。太陽光パネルはJISや建築基準法に基づいて設計されていますので、雨にも雪にも、風にも耐えるような強度で作られています。つまり屋根材と同じという認識でOKです。きちんと施工すれば雪でも問題ありませんよ(*´∀`*)