勝手口の戸車を交換しました

鍵がかかりにくい。何度か鍵屋さんに直してもらったが、しばらくすると同じ現象になる。鍵交換したほうがいいのでは?などという連絡を松江市からいただきましたので現地へ向かいました。サッシの下はレールを走るための戸車というものが左右についています。
この左右の戸車の高さをドライバー1本で調整出来ます。この調整で改善する事も多いですが、それでもダメなときは、戸車自体を交換する方法もあります。この戸車も消耗品ですので経年変化で劣化します。建具の重さもあるので、沈んでいくという表現が正しいでしょうか。左右の戸車の片方が悪くなればどちらかに傾き、水平垂直が保たれなくなり、結果、鍵もかかりにくような事も起きます。扉の開け閉めが重たくなったりするのも、大体戸車が原因です。
戸車交換
 
 
今回は戸車交換の工事となりました。外鍵の調整も同時に行いました。これまで幾度と鍵屋さんに来てもらっては工事代金8000円払っておられたと伺いました。元から完治させれば結果的に費用も抑えられますのでお客様もハッピーです(*´∀`*)