犬や猫が食べても安全なホウ素系薬剤でシロアリを退治!

シロアリ対策一般的にシロアリ消毒と言えば、専門業者が農薬系の薬を使い施工します。通常、シロアリ業者は5年間しか保証してくれません。

当社の場合は、自社の大工さんの施工になります。
大工さん施工のメリットとしては、万一、蟻被害にあった木材が発見されても、すぐに直すことが出来ます。
家を造るのが仕事の大工さんですから、交換場所の見極めも適切です。

また、当社は安全なホウ素系(エコボロン)の薬剤で施工します。
エコボロンは、登録文化財の防虫・防腐工事にも採用されています。
この液体は、半永久的に持続するので(水濡れ禁止ですが)雨など水に濡れない部分であれば半永久的に、その効果が継続します。

木部用防腐防蟻剤の比較

当社使用の薬剤(エコボロン) 一般的な薬剤
主成分 ホウ素系 合成ピレスロイド系、ネオニコチノイドなどの農薬系
作用 食毒性
腎臓のある人間や犬猫が食べたり、なめても平気ですが、腎臓のないシロアリが食べたりなめたりすると死に至ります。
神経毒性
揮発・蒸発した薬剤がシロアリの神経を破壊し、死に至ります。
近年は臭いの無いものもありますが、作用は同じです。神経毒は人間や犬猫にも影響を与えます。
特徴 ①揮発・蒸発しないので安全
②持続性が長い(濡れる場所で無い限り効果は半永久的)
③高い浸透力
④アメリカカンザイシロアリにも有効
⑤雨掛かりへの対応(外部に塗布する場合は、撥水性の上塗り剤を使用する。
①シックハウス症候群を発生させます。
②分解・揮発するので効果が短い(最長5年間)
③床下の空気を室内に循環させる省エネ住宅では使えません。
④人や犬猫などに有毒ですから、カンザイシロアリ対策には向きません。
欧米では アメリカやヨーロッパは住宅に対しての農薬使用が厳格なため、ホウ素系防蟻剤が目覚ましく普及しています。 土壌用として認められていますが、木部用では認められていません。
株式会社エコパウダー 木部用防腐防蟻剤の比較より引用

農薬系の薬剤の場合は、効果が5年です。新築の時ならまだしも、5年後は居住しながらの施工となります。人体や犬猫に有害な薬剤の施工は、やはりおすすめできません。安全で、効果が長いエコボロンをお勧めします。

シロアリ被害にお困りの方、シロアリ対策を施しておきたい方、ぜひご相談下さい。
施工価格:既存住宅床下作業の場合 ¥3,500/㎡(税別)