天窓とスカイライトチューブの違い

スカイライトチューブ天窓と言うのは、サッシの天窓と考えて、スカイライトチューブとの違いは何でしょうか?
まず、天窓をなぜつけるのか?と言うと、太陽の光が入りにくい場所に光を入れるためですよね。

天窓からの明るさとスカイライトチューブを比べた場合、その明るさは、スカイライトチューブの方が明るいです。しかも、長時間にわたって明るさが続きます。
サッシはフラット形状ですが、スカイライトチューブはドーム型(しかも反射板が付いています)ですから、より多くの光を長く取り込むことができます。

次に、天窓は一般的に南側の屋根に付くと思いますが、サッシの天窓は暑くなってきます。
でも、スカイライトチューブは暑く感じません!!
さらに、スカイライトチューブはその名の通りチューブで配管しますので、好きな部屋に明かりを持って行くことが出来ます。

価格も、本体での比較だとスカイライトチューブの方が高いかもしれませんが、取付工事やその他の費用全体で考えれば、そんなに高くはないはずです。

う~ん!なんかスカイライトチューブの方が、優れているように書いてしまいましたが、体感して頂けると、その違いは一目瞭然です。ぜひ、体感してみて下さい!当社(奥出雲町大呂/松崎建築)へお越し頂けると、実際に使用しているスカイライトチューブがご覧頂けます。
今まで、暗かった部屋に、パッと明かりが届けば気分は最高ですよ。^^