木造住宅の耐震診断

阪神淡路大震災や鳥取県西部地震があった直後には、耐震・耐震と声がかかりましたが、地震が皆さんの記憶から少しずつ、薄れてくると・・・。
す~と波が引くように、話題に出なくなります。
(実際に被災された方は、忘れられない出来事だったと思いますが・・・)

実際に、私の住む山陰地方では、そう体感できる地震は頻発しません。(今のところ)
以前、東京で働いていたころは、体感地震は、3日に一度。
みたいな感じであった様に記憶しています。
ただ、地震の回数は、ここ数年確実に増えてきています!!

実際に世界で起きる地震の20%程度は、日本付近でおきているとも言われています。
日本は、地震大国とも言われます。
既存の住宅で、耐震強度が不十分な建物は、5%というデータを見ましたが、
実際には、大きな地震に対しての危険住宅は、もっとあると思います。

私も、木造住宅の耐震診断の為の、調査は講習も受けましたが、実際にカッパを着こんで調査もしました。
自分の家がどのくらいの耐震強度があるのか知ることは、とても大切な事だと思います。
耐震補強にどのくらいの費用をかけているか?と言うデータを見ると、100~200万円が最も多かったです。

リフォームはしても、なかなか耐震補強までは・・・。という声が多いのも事実です。
ただ考えようによれば、耐震補強を、リフォームと同時にすれば、費用もぐっと抑えられますよね。家は家族の命を守る城ですから、今一度考えてみてくださいね。
適切なアドバイスをさせていただきます。