リフォームと新築では、どっちがより技術力が必要?

新築工事の場合は、設計は机上でも出来ますし、比較的経験が浅くても出来ますが・・・
リフォームの場合は、既存の建物がありますから、細かい現場調査が必要ですし、色んな制約も出てきます。(なかなか思うようにいかない事も多々あります)
設計はもちろんですが、施工も経験や熟練度によって、仕上がりにも大きな違いが出てきます。本当は、新築よりも難しいと感じています。

リフォームに参入してくる業者さんは実に多いです。
実際に、目を疑うような施工も多々見かけます!!
厄介なのは、施工している業者さんが、良いのか悪いのかわからず施工している場合です。
(悪気がないので、どうしようもありません)
価格がわかりやす○○パックみたいな、商品につられて飛びつくと、思わぬ痛い目にもあいます。本当は、痛い目にあってることを、お客様が、わからない状態が一番怖いんですけどね。

建築業者は、専門的な勉強もしてきていますし、それなりの経験も積んでいます。
でも、意外と、ここはこうするもの・・・。とか、それは無理・・・。とか
決めつけてかかる人も多いのも事実です。
例えば、
『それは、やったことがないから無理です・・・。だいたい我々の業界では、こうします!!』
そんな事を、言う人が本当に多いんですよ・・・。

私の場合は、スタートが、『どうすれば、できるか?』なんですけどね^^
出来そうにないことを、どうしてやるか!

実は、それが一番楽しいところです。
やったことがないこと。そんな仕事に出会ったら、喜んで向かいます。
それが、解決したら スキルアップ出来るじゃないですか!

研究大好き!!
でも、途中から横道にそれてしまい、本来すべき事から遠ざかってしまう・・・。
現在の、悩みです(笑)