リフォームの提案後に新築相談

大規模なリフォームのご相談をうけ、リフォームプラン提出、その後見積もりも提出。
お客様から「新築にした場合のプランもお願いできますか?」とのご要望を承り早速ご相談に伺いました。事前に法務局で公図はとっていましたので、境界の再確認や建物の位置など、リフォームではあまり必要のなかった事柄も確認します。隣接地域ですので、近隣配慮はとても大事で、事細かい部分まで確認していきます。
リフォームというのは骨組みは残しながら、内部に手を加えていく工事ですので、予想外の事柄も多々出てきますが、新築の場合は、新たに構築していきますので、全てに予定が組みやすい特長があります。現在の家造りは昔ながらは残しつつ、常に進化しています。断熱性能、遮音性能、耐震性能、どれをとっても数年前とは比較にならないことも。
ただし、新建材やフォースター☆☆☆☆の部材でも決して安心ではないことです。アトピーや喘息、アレルギーに悩んでる方はものすごく多いデータがでています。こういった不安な部分を全部取り除いた家づくり提案をつめていこうと思います。