産業用太陽光発電

これまで10KW未満の太陽光発電勉強会をやってきましたが、今回は10kw以上の産業用太陽光発電の勉強会を初めて開催しました。
10kw未満の太陽光発電システムは、発電した電気を家庭内で使い余った電気を10年間固定単価で電力会社に売るという、余剰電力買い取り制度です。
産業用の太陽光発電は作った電気は全部20年間固定単価で売電します。
大きな屋根があるお宅に10kw以上のシステムを搭載すれば産業用になります。20年間住宅ローンを低減する・・・なんてコマーシャル見たことあると思いますが、この制度を全量買取制度と言います。
この産業用の太陽光の経済効果も非常に大きいですね。
産業用太陽光発電勉強会
全量買取制度
電力の小売自由化が始まれば電気料金の価格帯も変わってきます。これまで独占状態だったこの分野も大きくかわってくるでしょう。電気のスマート化、賢く使っていくためにも今後太陽光発電システム搭載も当たり前の様な時代もやって来ると思います。
正しい知識で、間違った選択をしないためにも、情報を皆様に提示していかなければ・・・と思いました。
本日のご来場誠にありがとうございました。