オール電化と契約種別

オール電化住宅は昼間の電気代が若干高いのが特徴です。そのかわり深夜電力23時~8時までは昼間の電気代の約3分の1。賢く使うには深夜電力を利用して洗濯をしたりする使い方。
色んな工夫しておられる方も多いでしょう。
現在における電気代の削減でもっとも有効的なものといえば、やはり太陽光発電です。
太陽光発電は昼間に発電しますので、昼間の電気代はきにせず使えるといっても過言ではないです。もちろん発電した以上に使えば電気を買わないといけませんが(笑)
話を戻しオール電化は昼間の電気代が高い。。。太陽光発電は昼間発電する。。。もうお分かりですね(*^-^*)オール電化と太陽光発電との相乗効果と経済効果はかなり大きいと言えます。
太陽光発電モニター
昼間電気を使わなければごらんのモニターのようにほとんど電気を売っています。
そしてオール電化で太陽光発電も設置されてる方。オール電化の電気契約はファミリープラン1でしょうか?それともファミリープラン2でしょうか?
ファミリープラン1とファミリープラン2の違いはこんな感じです。
基本料金:ファミリープラン1>ファミリープラン2
昼間の電気単価:ファミリープラン2>ファミリープラン1
昼間に電気を多く使うお宅はファミリープラン1がお得ということになりますね。ところが太陽光発電を設置して昼間の電気(日の出から日没)をあるていどまかなえる用になると、ファミリープラン2のほうがお得になったりします。
シミュレーションの結果、このモニターのお客様もファミリープラン1からファミリープラン2に移行されました。
わずかなことかもしれませんが、光熱費削減というのはこうした積み重ねですので、見直してみるのもいいと思います(*^-^*)