棟瓦が ずれたり無くなったりしていませんか?

石州瓦を使用した屋根工事に対して、最大10万円の助成金があるのは、皆さん結構知っておられます。がその対象となるのが、屋根工事費100万円以上のもの・・・。という事をご存じな方は少ないかもしれません。

しかも¥480/m2が補助金額ですから、満額獲得するためには、200m2を少し超えなければなりません。200m2と言うとかなり大きな面積です。

tubo7-1写真の様な(わかりづらいですが、瓦の一部が抜け落ちています)棟瓦が ずれたり無くなったりしたお宅が意外と多くあります。

棟瓦は、地域によっていろんな施工方法がありますが、土を使った工法の場合、山間部では数年すると、崩れてしまうことがほとんどです。

それは、なぜか?

凍害にあうからです。
このような修理には、助成金は使えませんが、っておくと、雨漏りの原因にもなります。
今一度注意してみてください。連絡いただければ、点検にも伺います!
放っておくと、修理に思わぬ費用がかかることもあります。
早めの対策が、安上がりだったりします。