太陽光発電モニター

このモニターは太陽光発電モニターです。
太陽光発電モニター
AM6時20分、消費電力6.40kwです。見慣れないとこの数字をみてもわかりませんが、太陽光発電システムをつけるとこうしたモニターを見る機会が大変多くなります。。といいますか見るのが癖になります(笑)
6.4KWってすごい電気を使っていることがひと目でわかります。この時間に使ってる電気機器はエアコン、こたつ、室内蛍光灯、パソコンでしたがこんなに消費してるのはなぜか?答えは電気温水器稼働中(湯沸し中)のためです。電気温水器の稼働時間帯は23時~8時(深夜電力)までです。昼間の電気代の約3分の1で沸かします。
湯沸かし終了時にモニターを見るとこんなに少なくなっていました。
電気が見える
6.4kwから1.36kwになりました。一気に下がりますね。
今朝の様に特に寒い朝には余計に湯沸かし消費電力もかかるかもしれませんが、一番電気を使う電気機器は電気温水器だと判明しましたw
消費電力の大きさでいえば、電気温水器>IHクッキングヒーター>電子レンジ>こたつ>エアコンといった所ですね。省エネエアコンならば消費電力も小さいです。
これがエコキュートの場合は電気代が電気温水器に比べおよそ3分の1ですので、消費電力も大きく抑えられるということですね。電気が見えると、省エネ意識も高まるって本当ですね(*´∀`*)